カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

秋鮭(生鮭)親子

生鮭1尾(雄生時 5Kg以上)と醤油はらこ320g

身4つ切り、白子、肝臓、中骨、頭、醤油はらこ320g
越後村上うおやでは9-11月にかけてとれる旬の国内産秋鮭を選び抜いてご提供いたします。
人気の醤油はらことのセット商品

秋鮭(生鮭)親子

価格:

11,400円 (税込)

購入数: セット
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

秋鮭
秋鮭の子 醤油はらこ

 


◆越後村上伝統の「鮭」

村上市は鮭一人当たりの消費量で日本一を誇ります。


◆城下町村上 鮭ものがたり

 越後村上の鮭の歴史は古く、平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていました。

 江戸時代には村上内藤家の藩士青砥武平治が鮭の回帰性を発見、世界で初めて「種川の制」という自然ふ化増殖事業に取り組み、その成功がますます村上の財源を潤し鮭文化を発展させました。

 明治に入り鮭産育養所を設置し、その収益金の一部を育英基金として教育に役立て、多くの人材を世に送り出しました。この育英制度で進学した人たちは「鮭の子」と呼ばれました

 明治11年アメリカの孵化技術を取り入れた日本初の人工孵化に成功。減少していた鮭の遡上数も、明治17年に73万7千378尾を記録するまでに増えました。これは、単一河川では日本の最高記録になっています。

                        

三面川の鮭漁

 獲れた鮭から採卵をして、白子をかけ受精させ、育養所と県の孵化場で育てたり,県内の各孵化場に受精卵を送るなど、村上の三面川は文字通り県内の鮭の親川と言えます。

うおやの鮭製品


郷土の鮭料理には鮭をこよなく愛する村上の人々の昔からの知恵と工夫が生きています。
村上では百を超える多彩な料理法で鮭を頭から尻尾まであますことなく味わいます。

鮭の日
◆ 「鮭」の旁の「圭」を分解すると「十一十一」になることから11月11日は鮭の日と1980年代後半に村上市の日制定委員会がPRのため制定しました。
ちょうど秋鮭の最盛期にあたり、鮭の恵みに感謝して鮭魂祭などが催されます。


 
江戸時代から続く伝統の味の数々。村上の人たちは鮭をこよなく愛し、村上ならではの多彩な料理法で鮭を頭から尻尾まであますことなく味わい尽くします。その鮭料理の数は百を超え、鮭を愛する地元の人々の昔からの知恵と工夫が生きています。
                     
>

越後村上うおやメディア紹介 塩引鮭、鮭の酒びたし、鮭の味噌漬、焼漬、天然岩牡蠣、鮑、笹川流れ

鮭の町で創業二百年 越後村上うおや

関連おすすめ商品

極太完熟切たら子(無色)

2,980円(税込)
購入数 パック

銀鱈(ぎんだら)の西京漬(1切)

570円(税込)
購入数

日本海干物セット

3,700円(税込)
購入数 パック

鮭ものがたり 6品Aセット (化粧箱入)

6,500円(税込)
購入数 セット

ページトップへ