カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

鮭のまち村上で鮭の酒びたし販売


ここ越後村上は遡ること平安の昔、小泉の庄と呼ばれ、
中御門大納言家(藤原氏)の荘園であり、
村上を流れる三面川の鮭も、
この頃より都に献上されておりました。
以来三面川は鮭の来る川として知られ、江戸時代には鮭の回帰性に着眼した
村上内藤家の藩士
青砥武平次は、全国で初めて鮭の回帰性を発見。
種川の制」を考案しますます村上の財源を潤すようになりました。


古くから村上の人は鮭とともに生き、そして鮭をこよなく愛しています。
鮭料理だけでも100種類以上あるといわれ、頭から尻尾まで美味しくいただきます。
そこには村上の人の鮭へのが感じられますね


町を歩けばいたるところに鮭を見かけます。
さすが『鮭のまち』です




そんな伝統が息づく村上の料理の中でも、
新物ができました


『鮭の酒びたし』

村上地方に伝わる独特の高級珍味で、食べるときにお刺身風にお皿に移し、
その上からお酒を少々かけていただきます。
お酒のお供にぴったりな一品です。

村上の伝統の技・味をご堪能下さい。


ページトップへ