カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

塩引鮭|鮭のふるさと越後村上で200年村上名産の塩引鮭通販

越後村上名産塩引鮭

塩引鮭
塩引鮭


越後村上の鮭は全国的に有名で歴史は古く、
平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていました。


 越後村上うおや伝統の老舗の味です。

塩引き鮭

塩引鮭とは、
 最高の秋鮭を最高においしくいただく、
 村上伝統の味です。

 新巻鮭と違うのは、
 「寝かせる」「磨く」「干す」という
 工程を経ることによって
 熟成させ、うまみを増すこと。

 その独特の風味と、絶妙な塩加減が
 食欲をそそります。

 鮭と塩のみを原料に、保存料・添加物を一切使用していません。
 自然のおいしさを安心してご堪能いただけます。 

塩引鮭は、鮭のまち村上が誇る最高の美味で、最高の秋鮭(雄鮭)を素材にしており、村上伝統の手作り製法で作られます。
◆鮭の内臓とエラを取り除いて洗い、良くヌメリをとります。
◆一本一本丁寧に塩をすり込み、1週間ほど塩漬にします。
◆その後、水出し、塩抜きをして丁度良い塩加減に調整します。
◆皮まで磨きあげ、日本海の寒風に一週間陰干しにしてようやく完成します。

鮭と塩のみを原料に、保存料・添加物を一切使用していません。

読売新聞 技味心でうおやの塩引き鮭が取り上げられました。
テレビ岩手5きげんチャンネルでうおやの塩引き鮭が取り上げられました。
週間女性でうおやの塩引き鮭が取り上げられました。

新潟日報で塩引きが紹介されました。
わたしのおとりよせで紹介されました。

塩引鮭の切り方

●塩引鮭は「丸のまま」の他、ご希望により「四つ切り」 又は「切り身」にしてお届けできます。 ご注文時にご指定くださいませ。
「四つ切」又は「切身」は真空パックになっており頭は二つ割り、中骨はぶつ切になっています。

お召し上がり方

●塩引鮭は焼いて食べるのにちょうど良い塩加減にしておりますので、必ず焼いてお召し上がりくださいませ。
弊店の塩引はも良く磨きあげており、良く焼いてお召しあがりいただくととても美味しいです。
塩引鮭 塩引き鮭
塩引鮭 (丸のまま)
塩引鮭 四つ切 塩引き鮭
塩引き鮭 四つ切で
塩引鮭 切身で 塩引き鮭
塩引き鮭 切身で


 うおや初代助五郎と鮭


越後村上うおや
は寛政年間、初代上村助五郎が鮭の元売業を起こし、
以来さかなと共に200年、現在の店主で九代目を数えます。

古い文献には文政元年(1818)九月十九日肴町助五郎(上村氏四十六歳)が鮭川入札で
その年の鮭の漁業権を
金1317両で落札
翌20日には網子7,8人と羽黒神社に参詣し祈願したと記述があります。(江見啓斎翁日誌) 

当時の1両は約13万円とのことですから、落札価格は1〜2億円位の値段だったと思われます。)

<運上金>
鮭のその年の漁業権を入札にして落札した金額を藩に納めさせるシステムで、
運上川の入札は、毎年秋の初めに村上町の大年寄りの責任で行われました。
最高額の入札者がその年の大納屋になってサケ漁を行い、落札額を運上金として村上藩に納入しました。


三面川の鮭漁    

塩引鮭  塩引鮭  塩引鮭 

塩引鮭 塩引き鮭  塩引鮭 一びれ切身 塩引き鮭


塩引鮭製造
塩引鮭製造
塩引鮭製造
塩引鮭製造
塩引鮭製造
村上の鮭
村上の鮭

鮭



塩引鮭商品
塩引鮭 切身 塩引き鮭塩引鮭 大切身 塩引き鮭塩引鮭親子 塩引き鮭親子塩引鮭 一びれ切身 塩引き鮭


 紹介されました

鮭の肴に うおやの鮭製品 越後村上うおやのが紹介されました!
鮭.jp

 くらしの情報ピックアップ 読売新聞

親から子へと、世代を超えたファンがつく匠の技。創業二百年の味、越後村上うおや。


新潟県北部の村上市は、古い町屋造りの家が今なお残る城下町。
市内を流れる三面川には今年も鮭が元気に遡上してきた。

村上ではかつて藩の主要な財源として大切にされてきた鮭を、
「魚の中の魚」という意味の言葉、イヨポヤと呼ぶ。

頭から尾まで残すところ無く鮭を料理し尽くすこの地で、
親子にわたって来店するファンがいるほどに、
人気の鮭加工品のお店が、創業二百年を誇る「うおや」だ。
読売
読売

変わらぬ技と心配り

 村上の冬の風物詩ともいえる、軒先に吊されたたくさんの鮭。
伝統の塩引き鮭にもうおやはこだわりがあり、海で捕れた鮭を使用しているという。さらに、「それも、成長したものよりは、若い鮭を使っています。
塩引きにするにはこれが一番。塩引鮭には主に程よい脂のある若い銀系の鮭を使い、酒びたしはブナ系のものを使っています。製品によって鮭を見極めているんです」と熱っぼく語る。 
うおやの特徴は製品だけではない。お客様への心づかいは細やかで、鮭の切り身は好みに応じて厚さを調整しているという。

「毎年注文を頂くお客様の場合は、好みを記録し、大きさや質、塩加減、切り方など、気に入ってもらった鮭と同等のものをご提供するようにしています」 今でこそお客様の好みの記録はパソコンで管理しているが、かつては電話の声を開いただけで対応できたこともあったという。
 「一番嬉しいのは、親子にわたってうちの店に買いに来てくれるお客さんがいることです。長い間、頑張ってきたかいがあったなと思いますね」
 にこやかに語る女将の八惠子さん。
『海外旅行に行くと、必ず現地の人から親切にされる」という彼女の、気取らないその人柄もお店の人気を支えているに違いない



 秋の達人

新潟日報えっさ探訪 秋の達人

新潟日報 夕刊/朝刊 秋の達人に「鮭の塩引き作り」が紹介されました。

サケの熟成まで丁寧に

かに そして優しく真 っ白な塩をサケにすり込ん でいく。「種も仕掛けもな いんだけど、心だけ込めて作ってるんさ」と上村八惠子さん(七一)が顔を上げて笑 った。

 夫の正弥さん(七八)と営む鮮魚店「うおや」村上市大町=では、年間三千匹のサケを加工。そのうち二千五百匹もの鮭が、塩引きにされる。 魚の仕入れは夫の仕事。

「出荷するのは私の役目だけど、お父さんの魚を見る目がなきゃ、おいしい塩引きはできないよ」と八惠子さんが見つめる先で、正弥さんは少し照れたようにほほ笑んだ。

 同市では止め腹と呼はれ、腹を真一文字に割かずに一カ所つないだ塩引きが一般的。しかし八惠子さんが作る鮭の塩引きはきれいに割いてある。「こっちの方ががサケの乾きがいいような気がするんさ」と八惠子さん。

 塩をすり込み十分に侵透させた後、丁寧に塩抜き。さらに、軒や梁に尾からつるし、熟成させる。その光景は「サケの町・村上」に年の瀬が迫ったことを知らせてくれる。
新潟日報 秋の達人新潟日報 秋の達人


 日経新聞 プラスワンに紹介されました

越後村上うおや 秋サケと日本海の幸 

秋はサケの産卵の季節.生まれた川に戻ってくる旬の「秋サケ」が購入できるのが、サケの産地、新潟県村上市の「越後村上うおや」(http://www.uoya.co.jp)だ。
運営するのは、うおやシステム。実店舗は創業から200年を経た鮮魚と水産加工品を扱う店で、現在の店主で8代目を数えるという。
 この季節の主力製品は村上名物の「塩引鮭(しおぴきじゃけ)」。生サケに塩をすりこみ、塩抜きした後、陰干ししたもの。新巻サケとは違う独特のうまみがある。まるごとのほか、食べやすいように4つ切りにしたものもある。
 そのほか、サケを使った製品として、サケの卵(はらこ)を醤油(しょうゆ)と日本酒で味付けた「醤油はらこ」やサケの薄切り、はらこ、数の子、ニンジン、大根などを、麹(こうじ)で仕込んだ村上の正月に欠かせない「飯寿司(いいずし)」も販売する。
 サケ以外にも、マダイ、コダイ、ヤナギガレイ、アジ、ハタハタ、甘エビ、アワビなど、日本海の新鮮な魚介類が豊富。春なら本マス、夏は天然岩ガキもメニューに並ぶ。送料は全国一律で840円。印刷したカタログも無料請求できる。サケを使ったレシピなどの実用的な内容のほか、各種ゲームといった遊べるコーナーも楽しい。
(日経BP社・BEST shop) = http://bestshop.nikkeibp.co.jp/
お薦めサイト


 毎日放送ちちんぷいぷい旬の食材探しの旅で塩引き鮭が紹介されました。

塩引き鮭 ちちんぷいぷい塩引き鮭 ちちんぷいぷい塩引き鮭 ちちんぷいぷいちちんぷいぷい


 講談社 おとなの週末お取り寄せ大図鑑 に塩引鮭が紹介されました。

塩引鮭

最高級の国産秋鮭(雄鮭)を、1週間ほど塩漬けにする。日本海の寒風で、さらに1週間、陰干しにしてようやく完成する「塩引鮭」。

原料は鮭と塩のみで、保存料や添加物は一切使用していない。「鮭のまち」村上で創業200年を誇る老舗自慢の逸品だ(大写真は盛りつけ例)。


記事   キャレル おいしいものを買いに行こう

創業200年という信用第一の老舗の魚屋

     越後村上うおや

鼠ヶ関や府屋などで捕れる地物の魚介類を扱う、
老舗の魚屋がこちら。
鮮度と品質の良さを承知の常連が、
夏カキ、アワビ、ズワイガニと
旬の味わいを求める店である。
馴染み客の中には食通で知られる著名人も。
「信用第一ですからね、長い付き合いの人ばかり。
めききが一番重大で、私の仕事は厳しい目で
品物を捨てること(笑)」と奥さん。
毎朝、水揚げされたばかりの魚介類は
店の奥で手際よくさばかれ、
年末になると、店内はまさに鮭一色に。
脂の乗った身の厚い沖捕りの鮭は、
素材を知り尽くした達人によって、
塩引き鮭や艶やかなはらこへと姿を変える。

創業200年 越後村上うおや
キャレル おいしいものを買いに行こうおいしいもの見つけた

うおや 鮭

塩引きにするのは海鮭、酒びたしにするのは川鮭。
一尾の鮭を余すところなく食べるのも村上ならではである。
扱う鮭の量は年間4000〜5000本とも

はらこ うおや特製塩引鮭 製造中  
添加物は一切なしの醤油はらこ。
醤油と日本酒の割合などは企業秘密といい、
上品な甘さを感じる逸品
塩加減や包丁さばきなどポイントはいろいろあるが、
「技術の前に鮭の品質がある」と言う奥さん。
信用を置く常連客は全国に大勢いる。


記事  リクルートじゃらん 進め!聖なる酒ロードでうおやが紹介されました。酒と鮭でカンパイ 越後村上うおや

日本海をパックに酒と酒でカンパイしたい〃

『チーム酒びたし』による酒ロード。
第1章の舞台は新潟です。
旨口の日本酒に、越後村上の秋鮭、そして雄大な日本海…。
ブルブルと身震いするはどの投者が揃う舞台を目指し、酒びたしワゴンは高速道路をひた走りました。

一流の酒と肴と環境。そして、その先にある真実とは!?

念願の秋鮭と遭遇
念願の秋鮭と遭遇

瀬波の海岸で 酒&鮭 BBQ
塩引き鮭は酒呑の宝物
塩引き鮭は酒呑みの宝物!

塩引き鮭
うおやでお買い物


 紹介されました

2007/5/30新潟ウィーク増刊

新潟グルメ倶楽部
新潟の社長たちがすすめる
いい店、うまい店
私のお取り寄せコーナー
で弊店の塩引鮭が
紹介されました。
グルメ倶楽部 塩引き鮭
2007/5/5NHK BS
おーい日本 スペシャル
のクイズの優勝者商品に
弊店の塩引鮭が採用されました
塩引鮭

最終問題

新潟県が世帯当たりの年間購入数量が全国一なのは?

 もち 塩さけ 豆腐 日本酒

答えは 塩サケ

優勝者は渡辺徹さんでした

2006/12/18テレビ岩手
5きげんテレビ

んめぇ〜もん 新潟県

でうおやの
塩引鮭と酒びたしが
紹介されました。


テレビ岩手 5きげんテレビ んめぇ〜もん 新潟県
んめぇ〜もん 新潟県
テレビ岩手 5きげんテレビ んめぇ〜もん 新潟県

★塩引鮭 4.3kg(生時)/7224円〜(税込)
★鮭の酒びたし 200g/3150円〜(税込)
2006/11/30読売新聞
アズール味わい紀行
に掲載されました

村上名産「塩引鮭」
産地直送!

鮭のまち越後村上で創業200年の老舗うおやでは、選び抜いた最高級の秋鮭を素材に各種鮭製品を製造・販売しています。
特に塩引鮭は「旨い村上の鮭」として全国に知られ、塩引鮭(10切)と特製醤油はらこ(360g)のセット「塩引親子」(5460円)は冬一番のお勧め商品。鮭の飯寿司、鮭の味噌漬も人気です。

アズール
2005/12/20

よみぴあ12月号
スペシャルプレゼントで
弊店の塩引鮭が
採用されました。

よみぴあよみぴあ
2005/5/8

日の出出版
グランマガサン6月号
全国の美味しい「お取り寄せ」385
に弊店の「塩引鮭」が紹介
されました.

鮭を1週間ほど塩漬けにし、その後水だしし、越後村上の寒風にさらして、ていねいに干し上げたもの。輸入鮭も随分と味を上げて
はいるが、やっぱり国産の鮭はおいしいなあとしみじみ感じさせてくれる逸品
グランマガザン
2004/11/10 リクルート
じゃらん
進め!聖なる酒ロードで
うおやが紹介されました。
2004/1/20 旅行よみうり
旅のロマンに
塩引き加工現場
に紹介されました
旅のロマン 越後村上うおや
2004/1/8
お客様のホームページ
「キッチンひめ」
(〜食を楽しむサイト〜)の
「食欲日記」
でご紹介いただきました。
本日のオススメのおかずは「塩引き鮭」。
ただの新巻き鮭ではない。
塩引き鮭は新潟県の北部、村上で作られ、その製法も味も独特である。
一週間塩漬けし、その後水出しをして、それからじっくり陰干しをするという。
新巻き鮭に比べてまろやかで深みがあり、熟成された旨みがある。
これだけでご飯がぱくぱく2膳はイケル。

「こんなにご飯に合うものが並んたら、おかわり仕方無いよね」
と、いつもは一膳と決めている夫が、お茶碗を差し出した。
そうねそうね、でも三膳は食べすぎじゃないかしらね。
2003/9/24 週刊女性

編集部の
厳選セレクションで
塩引鮭が紹介されました。

週刊女性 塩引鮭


ページトップへ