カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

鮭の飯寿司は村上のお正月料理

鮭の飯寿司

鮭の飯寿司 秋鮭


鮭の飯寿司(いいずし)
鮭の飯寿司

鮭の薄切りと、数の子、にんじん,大根、はらこ、氷頭、ゆずを糀で仕込んだもので、
日本酒によくあい
食通に喜ばれる珍味です。

鮭の飯寿司は村上地方のお正月の味として古くから親しまれてきたふるさとの逸品です。


 嵐山光三郎のうまいもの探検(東京新聞)で弊店の鮭の飯寿司が紹介されました


年の暮れになると、新潟県村上の「鮭の飯寿司」は、もう漬かったかなあ、と思う。越後村上の鮭は歴史が古く、平安時代にば京都の王朝貴族に献上されていた。

 江戸時代には、世界で初めての自然ふ化に成功して、鮭文化とともに栄えた町である。村上に流れる三面川に帰ってくる鮭は、北海道でとれる鮭とは一味違った上等品で、塩引き鮭、鮭のはらこ、鮭のかおり漬け、塩引き鮭をスライスした酒びたし、などの珍味が知られている。

 村上のうおやのヤエ子おっかあに会ったのは、もう二十年ぐらい前のことだ。ヤエ子おっかあは、鮭のことならなんでも知っている名人で、ことに、鮭の飯寿司を作らせたら、右に出る人はいない

これば村上地方のお正月の味として、古くから親しまれてきた自然食品である。村上でとれた塩引き鮭の切り身、鮭の頭の軟骨(氷頑なます)、カズノコ、大根、ニンジン、はらこ(イクラ)、ユズ、をはなこうじで二十日間ぐらい漬けこんで、発酵させる。はなこうじの甘さが、鮭とカズノコの旨みを包み込んで、それはぜいたくな味である。この飯寿司を肴にして日本酒を飲んでごらんなさい。十二月のうちにお正月がきたみたいで、わくわくしてしまう。

 うおやは、村上の鮭のいろいろを扱っているから、飯寿司を注文して、送料八百八十円以内で塩引き鮭や、鮭のはらこ醤油漬けをみつくろって送ってもらうのがいいでしょう。村上は、『奥の細道』の旅で、芭蕉がたち寄った地でもあり、古い町並みに人気がある。雪がしんしんと降る町の、胸にしみこんでくる味ですね。

 鮭の飯寿司 嵐山光三郎のうまいもの探検 うおや地図

 じゃらん 年末年始に食べる!うわさのFOODはコレだ! 鮭の飯寿司

鮭の飯寿司

鮭の飯寿司

甘く発酵したご飯と柔らかくなった鮭がベストマッチ!

鮭の遡上で有名な三面川流域は、正月料理でも鮭が主役。
鮭の身と氷頭(頭の軟骨)を大根・にんじん・麹とともにご飯に漬け込み発酵させるこの料理は、
甘みを増したご飯と柔らかい鮭がやさしい味。
氷頭のコリコリした食感がアクセントに。

記事   郷土寿司 − 鮭の飯寿司


鮭の飯寿司


サケの遡上で有名な三面川流域を中心に、県北地方で正月料理として作られる。サケの身を 大根・にんじん・糀とともにご飯に漬込み発酵させる飯寿司は、北海道から青森・秋田と広範囲で見られるが、新潟の飯寿司は氷頭と呼ばれる頭部の軟骨をも漬け込む。糀の作用で甘く発酵したご飯と、やわらかなサケの身のやさしい味わいが特徴。時折やってくる氷頭のコリコリした食感は心地良くやみつきになること間違いなし!

11月から3月にかけて、現地の魚屋、土産物屋で販売している。インターネット、電話での通販もある。鮭の飯寿司500グラム2000円(送料、税別)。

●通販のお問い合わせ先「越後村上うおや」 電話:0254-52-3056 http://www.uoya.co.jp


郷土料理 飯寿司

県北地方の正月料理で、サケと野菜をご飯と糀の中で発酵させて作る。

黒っぽく見えるのはサケの頭部の軟骨。
ハラコ(イクラ)入りの飯寿司はより高級な一品。

 小学館「和楽」 鮭の名品をお取り寄せで
   弊店の塩引鮭と鮭の飯寿司がとりあげられました 


鮭の名品をお取り寄せ
鮭の飯寿司

                      
        

鮭の名品をお取り寄せ

知る人ぞ知る逸品ばかり。
鮭の魅力はこんなに多彩です。

飯寿司 なれ鮨に似た独特のクセは日本酒にぴったり

鮭の薄切りと数の子、腹子、氷頭、ゆずを糀で仕込んだ珍味で、
村上地方のお正月によく食べられる。¥1,050(250g)



鮭の飯寿司

鮭の薄切りとにんじん、大根、氷頭、ゆず、数の子、いくらをこうじで仕込んだ一品。
さまざまな食感を楽しめ、こうじの甘みがそれぞれの食材の味をまろやかに包むので珍味初心者でも食べやすい。

 INFOREST MOOKわたしのおとりよせあの人に聞いた、全国の美味いモノ225点で
   弊店の塩引鮭、飯寿司が紹介されました。
   
左は鮭の薄切り、はらこ、数の子、氷頭などを糀で仕込んだ飯寿司。
表紙の中の商品にも選ばればれました。

あまりにも美味しいので、大きいサイズを取り寄せます。酒の肴から朝ごはん、
おすそ分けにも重宝です!と奈奈さん


    

ワイン、日本酒、焼酎…楽しいお漕が大好きな私たち夫婦のお取り寄せは、おいしい魚介類がメイン。特に湘南生まれの主人は、自分も素潜りで魚を獲ってくるはどの海好き、魚好き。私もその影響で魚介類は大好きです。お友達のみなさんも二人の好みをよく知っていて、美味しいものを紹介してくれます。

わたしのおとりよせ
 
  あの人に聞いた、
全国の美味いモノ225点

 発行:インフォレスト株式会社






越後・村上と言えば塩引鮭というほどの名品。北海道の新巻鮭と決定的に違うのは、頭を下に干すところ。平安朝の昔から都に献上されていたという由緒正しい鮭。はらこも同様に有名だが、まずはこの塩引鮭の迫力を楽しみたい。写真は6kgのものだが、4kgのもの切り身もある。



鮭は一匹がとても大きな村上の塩引鮭。
なかなかの力仕事なので、
主人が解体を担当してくれます。
小分けにして冷凍して頂いています。
多いので、人に差し上げたりする
のもとても喜ばれるんですよ。

 越後村上うおや の飯寿司商品
鮭の飯寿司
鮭の薄切りと、数の子、にんじん,大根、はらこ、氷頭、ゆずを糀で仕込んだもので、
日本酒によくあい
食通に喜ばれる珍味です。
鮭の飯寿司は村上地方のお正月の味として古くから親しまれてきたふるさとの逸品です。

鮭の飯寿司
鮭特別セット
塩引鮭(4切)、醤油はらこ(160g)、鮭の飯寿司(250g)
皆様のご要望が多かった人気の3品(塩引、はらこ、飯寿司)
をセットにした特別セットです。お使い物にも最適です。
越後村上うおや自慢の人気のトリオ!
鮭特別セット(塩引鮭、醤油はらこ、飯寿司)


鮭の飯寿司


◆ 飯寿司の歴史  ━━━━━━◆


 飯寿司は、昔から伝わる保存食「なれずし(熟寿司)」の一種です。

 なれずしは元々、冷蔵庫のなかった時代、
 魚を長期保存するための知恵として生まれました。

 魚とご飯を漬け込んで、発酵させます。
 最初はご飯は食べずに捨ててしまい、
 酸っぱくなった魚だけを食べていました。

 室町時代からご飯も食べるようになり、
 さらに江戸時代になって酢が出回るようになると、
 発酵を省略して酢でご飯を味付けし、
 今の「寿司」の原型になるものが作られていきました。

 一方、古い形のなれずしも各地の郷土料理として残っていきます。
 中でも飯寿司は低温での発酵が必要なため、
 北海道から東北にかけて、冬の寒い時季に盛んに作られています。

 なれずしの中ではにおいは穏やかで、
 ご飯の甘さと乳酸の酸っぱさのバランスが絶妙。
 村上ではお正月料理の定番として、昔から親しまれています。



鮭の肴に うおやの鮭製品 越後村上うおやのが紹介されました!

鮭.jp

 


鮭

鮭通販

ページトップへ