カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

サクラマス(本鱒)の塩引

日本海の旬の本鱒(サクラマス)を 村上伝統の塩引にしたてました。
素材の旨さが際立つ逸品です!
ごはんのおかずに、また酒の肴にも。
“塩引”ファンにはたまらない逸品です。

サクラマス(本鱒)の塩引

価格:

620円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ


本鱒(サクラマス)の塩引


春はサクラマスが一番! ー

日本海の旬の本鱒(サクラマス)を 村上伝統の塩引にしたてました。
素材の旨さをとことん引き出した、村上ならではの味です。
そのまま焼いてお召し上がりください。

ごはんのおかずに、また酒の肴にも。
塩引”ファンにはたまらない逸品です。


うおやならではの上品で豊かな味わいをご賞味ください 


      
緑鮮やかなから初夏へ移り変わる季節、
本鱒(サクラマス)がおいしい季節になりました。
この時期、日本海でとれる本鱒(ホンマス)は
桜鱒(さくらます)とも呼ばれ、
見た目も味も素晴らしい、


知る人ぞ知る幻の高級魚です。


サクラマス 桜鱒 本鱒

■品名 サクラマスの塩引
■原材料 本鱒(サクラマス)(日本海産)、塩
■内容量 1切
■保存方法 冷蔵保存 : 5℃以下に保存
冷東保存 : -18℃以下に保存
■賞味期限 冷蔵10日 :冷凍90日
■配送方法 クール便

サクラマス 桜鱒 本鱒

サクラマス 桜鱒 本鱒

サクラマス 桜鱒 本鱒



◆ 桜の咲く頃に帰ってくるサクラマス  ━━━━━◆

 サクラマス鮭の仲間です。
 9〜12月に生まれた卵は川底で冬を越し、
 翌年春に孵化します。
 稚魚は1〜2年川の上流で暮しますが、
 その後海へ下るものと、そのまま川に残るものに分かれます。
 
 海へ下るものが「サクラマス」、
 川に残るものが「ヤマメ」と呼ばれています。
 この二つは、姿形もまったく違ったものになります。
 
 海へ下ったサクラマスは約1年後、
 生まれた川に戻って来ます。
 戻ってくる時期が桜の咲く頃であること、
 あるいは身肉の色が桜色であることから
 「サクラマス」と呼ばれるようになった、
 と言われています。

 
 (新潟ではホンマスとも呼ばれています)
 
 ダムや河川の開発により環境が損なわれ、
 最近では数が激減、
 “幻の高級魚”となってしまいました。
 しかし、脂が乗っているのにあっさりとした
 その味はまさに絶品。
 旬を迎えるこれからの時期、
 ぜひ味わっていただきたいお魚です。

 
 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


希少価値!幻の高級魚 老舗の味をご賞味ください

越後村上うおやメディア紹介 塩引鮭、鮭の酒びたし、鮭の味噌漬、焼漬、天然岩牡蠣、鮑、笹川流れ

鮭の町で創業二百年 越後村上うおや

関連おすすめ商品

銀鱈(ぎんだら)の醤油漬

560円(税込)
購入数

銀鱈(ぎんだら)の西京漬(1切)

590円(税込)
購入数

鯖(さば)の醤油漬(1切)

420円(税込)
購入数

ページトップへ